キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチン。

   

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチン。

  • 収納スペースが足りず手狭なキッチン
  • 奥まった位置で寒くて暗いキッチン
  • 高さや配置が合わず使い勝手が悪いキッチン
  • デザインや機器が古く手間が多いキッチン

毎日立つことになるキッチンのお悩みは、みなさまそれぞれがお持ちだと思います。毎日使うところだからこそ、リフォームすると想像以上に使い勝手が変わったことを実感できます。要望をプロにお伝えいただくところからはじまりますが、まずはその前に知っておきたい理想のキッチンをご紹介します。

キッチンリフォームのポイント

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチン。のキッチンリフォーム1

1.作業動線を考えたレイアウト

キッチンのレイアウトは、家事の導線を効率的にする目的において、とても重要なポイントになります。基本的には、シンク・コンロ・冷蔵庫の3点を結んだ三角形の導線(ワークトライアングル)を短くすることで効率化をはかります。しかし短くしすぎるとスペースが狭くなることになりかねないので、単純に短距離にすればいいというものでもありません。シンク・コンロ・冷蔵庫は頻繁に利用するものですから、この3点の導線を意識して無駄を軽減しようという考えです。

デザインを重視するばかりで、使い勝手のよくないキッチンになってしまっては、リフォームの意味がありません。作業導線を意識したレイアウトにすることは、最重要ポイントと言っても過言ではありません。

2.十分な収納スペースの確保

家事動線を効率化できることに加えて、十分な収納スペースを確保することも大切なポイントです。収納スペースが不足していては、使い勝手や衛生的でクリーンなキッチンを維持することができなくなってしまいます。

限られたスペースに、家電や食器、食材のストックなどを収納・配置することになりますから、スペースが不足すると雑多になり使い勝手がわるくなります。デザインがよいキッチンスペースも生活感があふれてしまうのです。そして、闇雲に収納を増やしてもデッドスペースが生まれやすい場所でもあるので、何をどう収納するかを想像しておく必要があります。

3.使う人の身長に合わせたキッチン

効率的な導線や機能はもちろん、キッチンを使う人の身長に合ったサイズでリフォームすることも重要なポイントです。一日のなかで何度も使うことになるキッチンは、使いにくさの積み重ねで身体への負担は大変なものになります。使いやすいキッチンの高さ、使いやすい収納の位置など、好みに合わせてリフォームしなくてはなりません。

4.ゴミ箱スペースの確保

ゴミ箱スペースがキッチンを圧迫してはいけませんが、とても重要なポイントのひとつです。意外と忘れられがちでなのですが、使い勝手のよいキッチンにリフォームしても、後からゴミ箱スペースの問題が浮上した、という話もよくあるのです。導線を妨げず、衛生的でクリーンなキッチンを維持できるよう、あらかじめゴミ箱スペースは考えておく必要があります。

システムキッチンとは?

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のシステムキッチンとは?

システムキッチンとは、シンク、コンロ、作業台、収納棚などの作業に必要なパーツを組み合わせて、一体にしたキッチンのことです。

それぞれのパーツを一体化することで統一することができ、デザイン性を高めることができます。デザインのバリエーションも豊富なので、好みやキッチンの間取り・広さに合わせて自由に選べます。一体化されていることで掃除が楽ちんという特徴もあります。それぞれのパーツがバラバラだと、デッドスペースが生まれたり、統一感がなかったり、つなぎ目に汚れが溜まったり、機能性・デザイン性の面で有効に活用できないことも出てきます。

ただし、好みにシステムキッチンを作っても、後から変更が簡単にできないというデメリットもあります。システムキッチンの多くがオーダーメイドで、工場で作り、現場でパーツを組み合わせるという手間の分コストがかかります。理想的なキッチンにグッと近づくのがシステムキッチンの魅力ですが、システムキッチンを採用する前には、計画的に想像力を持ってプロと相談することをおすすめします。

キッチンのデザイン

キッチンのデザインは、4つのタイプに分けることができます。キッチンをリビング・ダイニングからどのようにつなげるかがデザインの違いです。リビング側からキッチンを隠すのか、リビングとコミュニケーションを重視するか、キッチンを中心にするかなど、キッチンのレイアウトを決める前に、キッチン空間の目的とデザインを考えておくとよいでしょう。

クローズドキッチンタイプ

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のクローズドタイプのキッチン

リビング・ダイニングから独立させて、ひとつの部屋のように囲われたタイプのキッチンがクローズドタイプです。どうしても生活感を隠せないことも多いキッチンですが、リビング・ダイニングから独立させるので見えないようにできます。さらに、煙やにおいが流れにくい点、収納スペースを多くとれる点も魅力です。

デメリットとしては、配膳や片付けに手間がかかる点、キッチンとリビングのコミュニケーションが難しい点、閉鎖的な空間になる点があげられ、料理を重視したデザインのキッチンです。

オープンタイプ

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のオープンキッチンタイプ

リビング・ダイニングから仕切られることなく、開放されたタイプのキッチンがオープンタイプです。

リビングとコミュニケーションを取ることができ、広いスペースをとれなくても配置できます。

デメリットとしては、料理の煙やにおいがリビングに流れやすい点、キッチンが丸見えになるので生活感が隠せない点があげられます。

セミオープンタイプ

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のセミオープンキッチンタイプ

キッチンと吊り戸棚の壁をなくし、キッチン側からリビング・ダイニングを見通せて、逆にリビング・ダイニング側からはシンクやコンロを隠せるタイプのキッチンがセミオープンタイプです。

ダイニングへの配膳がスムーズで、収納スペースも多くとれることが魅力です。

デメリットとしては、ある程度の広いスペースが必要な点、料理の煙やにおいがリビングに流れやすい点があげられます。

オープン対面タイプ

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のオープン対面キッチンタイプ

シンクの上をオープンにしてリビング・ダイニングを分けないタイプのキッチンがオープン対面タイプです。

リビング・ダイニングとのコミュニケーションがとれ、ダイニングへの配膳がスムーズです。開放的で空間を広く見せられます。複数人でキッチンに立つこともでき、デザイン性が高く使い勝手もよい点が魅力です。

デメリットとしては、配置に広いスペースが必要な点、料理の煙やにおいがリビングに流れやすい点、キッチンが丸見えになる点があげられます。

キッチンのレイアウト

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2

続いて、キッチンのレイアウトです。キッチンの広さや作業導線、使い勝手をライフスタイルに合わせて考慮し、お好みのレイアウトを決定します。

I型キッチン

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のI型キッチン

I型キッチンは、シンク、コンロ、作業スペースを一列に配置した基本的なキッチンのレイアウトです。

作業のしやすさで使い勝手がよく、コンパクトなスペースでも設置可能です。広いスペースにI型キッチンを採用すると、横に広すぎることで使い勝手がわるくなる場合もあります。

一般的に多く使われているレイアウトでもあります。

II型キッチン

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のII型キッチン

II型キッチンは、I型キッチンのセパレートで、シンクとコンロを分けてI型キッチンを平行に配置した型です。

広い作業スペースが確保でき、作業導線も短くすることができます。さらに収納スペースも多く確保できます。

I型キッチン同様、横に広いと移動が多くなり使い勝手がわるくなる場合があり、また180度向きを変えて作業をすることになるため掃除が比較的多くなることも考えられます。

L型キッチン

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のL型キッチン

L型キッチンは、シンクとコンロを離してL字に配置した型です。

作業スペースを広く取ることができ、さらに導線の効率もよい型ですが、L字の角がデッドスペースになりやすいという点もあります。

U型キッチン

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のU型キッチン

アイランド型キッチンは、シンクや作業スペースを壁から独立させた配置の型です。島=アイランドでアイランド型と呼ばれます。

多人数で作業ができることや組み合わせが自由自在でデザイン性が高いことが特徴です。

I型、II型、L型とは趣旨が異なる

アイランド型キッチン

キッチンリフォームを解説!リフォーム前に知っておきたい理想のキッチンのキッチンリフォーム2のアイランド型キッチン

アイランド型キッチンは、シンクや作業スペースを壁から独立させた配置の型です。島=アイランドでアイランド型と呼ばれます。

多人数で作業ができることや組み合わせが自由自在で、キッチンを中心にしたデザインが可能なタイプです。

I型、II型、L型とは趣旨が異なり、さらに広いスペースが必要になります。

小田原・平塚のキッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのお問い合わせ

小田原・平塚エリア
キッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのご相談は、タカデンライフサービスへおまかせください。

 - リフォーム