キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!

      2021/03/23

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!

続いてもっとも気になるであろう、リフォームの相場や予算です。専門的な知識はなくても、事前に相場観がわかっていれば、不安も少なく済むはずです。

キッチンリフォームにかかる費用

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!の費用イメージ

キッチンのリフォームは、主にシステムキッチンの本体、リフォーム工事、設備、この3つの費用が発生することになります。もっと大掛かりなリフォームも考えられますが、一般的にキッチンのリフォームはこの3つです。

1.システムキッチンの本体

システムキッチンの種類によって様々で、サイズやデザイン、材質、コンロなどの機能によっても上下します。サイズが変わったり、デザイン性や機能性を高めたりすればするほど価格は高くなります。キッチンの配置やサイズに変更がない場合、本体価格よりもキッチン自体のグレードや材質などで費用が変わってくることになります。

以下では、キッチンの各レイアウトの相場の目安です。メーカー各々で、スタンダードなグレードから、ミドル、ハイと展開されており、それぞれ材質やデザイン、機能面で区別をしています。

おおよその目安ですが、以下のような相場です。I型キッチンは一般的に多く使われているレイアウトでもあるので、デザインの選択肢が多く、シンプルなものから高いグレードまで幅広い価格帯です。L型キッチンも多く使われているレイアウトですが、I型キッチンからL型キッチンに変えるリフォームになると、配置を変えることによる工事の費用が発生することになります。

I型キッチン約50〜120万円
L型キッチン約80〜120万円
その他のキッチン約100〜150万円

レイアウトやグレード以外にも、費用にかかわってくるのがオプション機器などの設備です。水栓やコンロ、シンク、レンジフード、収納など、これらのオプション機器の機能が増えれば増えるほど、本体価格も上がってきます。

2.リフォーム工事

キッチンの取り付けなどをするリフォームの工事は、リフォーム前とどのくらい変わるかによって工事内容が変わり、その分費用にも影響してきます。もし配管にも影響のある工事であれば、当然費用はまったく違うものになります。

リフォーム工事の内訳としては、傷をつけないための養生などをする仮設工事、キッチンや設備機器を取り外して廃棄する解体工事、キッチンの組み立てや取り付けをする取り付け工事、電気やガス、給排水、排気などの接続工事があります。

3.壁、床、天井などの周辺工事

キッチンの床やコンロの壁に取り付けるキッチンパネル、天井などを新しくする場合の周辺工事が必要な場合もあります。キッチンのレイアウトを大きく変える場合は、キッチン周辺の補修工事の費用が多くなります。

キッチンリフォームの工事日数

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!の工事中イメージ

キッチンのリフォームは、リフォームする内容によって変わりますが、キッチン本体を取り替えるリフォーム工事は、一般的に1〜3日という目安です。レイアウトが変わったり、間取りが変わったりする大がかりがリフォームになれば、2〜3週間とかかる目安です。

キッチンリフォームでチェックしておきたい設備機器

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!の設備イメージ

毎日使うキッチンをリフォームするにあたって、効率性・快適性を向上させるポイントになるのがキッチンまわりの設備機器です。キッチンリフォームの際、日々の家事の負担を軽減させてくれる設備機器の導入を検討されている方にご覧いただきたい設備をご紹介します。

IHクッキングヒーター

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!のおすすめ設備機器IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターとは、火を使わない調理機器で、その仕組みは電磁誘導加熱(IH)式で調理器具に熱を伝えるというものです。

一般的に広く知られている割に導入率は意外と多くないのですが、キッチンをリフォームする際にほとんどの方が検討されています。その理由は、火を使わない安全性の高さ、フラットな構造で掃除がしやすく衛生的、キッチンが暑くならないという点です。

調理器具がIH専用でないと使用できない点や火力の問題で料理の幅を狭める点、停電の際に使用できない点が懸念材料ではあります。

ガスコンロと比較すると真逆という性能なので難しいところですが、キッチンリフォームで検討するひとつにおすすめです。

ビルトインタイプの食洗機

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!のおすすめ設備機器ビルトインの食洗機

手で洗えば済むので、いまいち影が薄い存在ですが、実は節水性に優れ、洗いムラもなく、洗浄力も高く除菌もできて衛生性が高く、優秀な設備です。

食器を洗って布巾で拭く、という工程を担う食洗機は、時間短縮、水切りスペース不要、手荒れ防止にもなります。

据え置きタイプの食洗機もありますが、ビルトインタイプであれば、キッチンにきれいに収まるのでスペースに影響しません。給水管・排水管・電源工事が必要な場合は大がかりになりますが、キッチンリフォームで検討するひとつにおすすめです。

レンジフード

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!のおすすめ設備機器レンジフード

近年、主流になりつつある薄型のレンジフードは、掃除のしやすさに注目したいところです。従来の換気扇と異なり、網フィルターがなく、凹凸もないというのが特徴で、掃除する部品が少ないのです。凹凸や網目に油汚れが付着すると、掃除の手間は皆さまご存知の通り。それが楽ちんに掃除できるとなれば、レンジフードを導入するのはいかがでしょうか。

さらにレンジフードは、壁付けの換気扇に比べ吸引力も高いことも特徴です。また、見た目の面でもスッキリしたデザインで、キッチン全体のデザインを邪魔せずマッチするはずです。

便利な収納の昇降式吊戸棚やフロアキャビネット

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!のおすすめ設備機器昇降式吊戸棚

キッチンの使い勝手を大きく左右する収納は特に慎重になりたいところですが、キッチンという限られたスペースを最大限に活用するためにおすすめしたいのが昇降式吊戸棚やフロアキャビネットです。

昇降式吊戸棚は、その名の通り吊戸棚を昇降式にしたものです。吊戸棚を引き出して下に降ろすことで、戸棚の中が見やすく、出し入れがしやすくなります。高いところで出し入れするための脚立なども不要です。

キッチンリフォームの気になる費用の相場と工期。チェック必須のおすすめ設備機器も!のおすすめ設備機器フロアキャビネット

フロアキャビネットは、引き出し式の収納です。収納できる量が増え、キッチン下が小分けになるので収納もしやすくなります。出し入れするのに屈む必要もなく、使い勝手バツグンです。

観音開きの一般的な収納に比べると費用がかかりますが、キッチンリフォームで検討するひとつにおすすめです。

小田原・平塚のキッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのお問い合わせ

小田原・平塚エリア
キッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのご相談は、タカデンライフサービスへおまかせください。

 - リフォーム