リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。相談は余裕を持ってお早めに!

      2021/09/07

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。相談は余裕を持ってお早めに!

四季とともに暮らす私たち日本人。季節の移り変わりを楽しむ文化は、世界中どこでもされているわけではありません。日本でははっきりと春夏秋冬が分かれ、花見や月見などの行事があるというのも、世界ではちょっと珍しいのですが、私たちにとってはいたって普通のことで、驚かれることに驚いてしまいますよね。

リフォームにも春夏秋冬が存在します。リフォームをするのに最適な季節があるのです。今回は春夏秋冬で見るリフォームについて、ちょっとお話をしてみたいと思います。

リフォームのタイミング

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。

以前もご紹介しましたが、リフォームのタイミングは概ね10年〜20年くらいで見直しが必要になってきます。

しかし実際にリフォームを決めた方の多くは、使用してきた年月とは関係なく、古くなってきたからリフォームを考えるたという理由です。長年暮らせば傷んできて、それが目立つようになり、家に古さを感じさせるようになります。その他には、使い勝手の不満を解消する理由です。建てたばかりのころには気にならなかった問題が生じてきます。多少お風呂が狭くても快適と思えていたが、年齢を重ねるにつれ、狭さが不便になってきてリフォームをというケースがあります。さらに、次々に新しい機能を備えて新製品が出てくるので、新しく買い替えたくなるのは自然の衝動でもあります。

リフォームにおすすめの季節

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。

では、リフォームを思い立ったとき、すぐにリフォームをしてよいか、時期を待った方がいいのか、考えることになると思います。そこで考慮したいのが季節です。季節ごとのメリットを踏まえ、リフォームの時期を改めるのはいかがでしょうか。

《ライフステージとは》
年齢にともなって変化していく段階のこと。新婚期・育児期・教育期・子独立期・老夫婦期などに分けた、家族構成で変わる段階。

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。春

新生活がスタートする季節、リフォームをする方が増える時期でもあります。ライフステージが変わり、部屋が必要になったり不要になったり、バリアフリーを考えたりと、暮らしの形が変わることに合わせてリフォームをするケースは多くなります。また新しい気持ちで新年度を迎えて、お家をきれいにしようと思い立つ方もいらっしゃるでしょう。

さらに気候が安定していることから、外構工事がしやすいメリットもあります。雨で工事ができず予定がどんどん伸びてしまう…という事態になりにくいのが春です。また、梅雨前に終わらせた方がいい工事のことも考えましょう。木造住宅なら、リフォーム中に木材が雨で濡れてしまうのは困りますから、春に工事をして梅雨に入る前に終わらせておくというのが理想のスケジュールです。

逆に言えば、外の工事は春にすることを決めてしまうのも手です。新年度のはじまりは人員不足しがちな季節でもあるため、依頼をしてもすぐにはじめられないということもあります。早々に計画を進めておいて、春になったらすぐ工事が入れるようにという予定を組んでおいてもらえるようにするのがおすすめです。

なお、自治体の助成金の制度が改められるのもこの時期ですから、自治体からの情報をこまめにチェックしておきましょう。助成金には予算があるので、人気のある助成金はすぐに埋まってしまい、早期に申し込みが終了するケースもあります。

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。夏

梅雨の季節はやっぱりよいことはなかなかありません。工事のスケジュールが乱されてしまうことが多いので、できるだけ梅雨に持ち込まないようにしたいところです。大規模な工事ですと、エアコンが使えなくなることもあります。仮の住まいの用意が必要なケースもありますから、費用がかかる問題も出てきます。もしエアコンが使えなくなる工事でも、短期間で終われば負担も減らせます。お子さんがいる家庭なら、お子さんの夏休みと重なれば、通学をさせないといけないという負担の問題がないのはメリットでもあります。

あとは、夏を快適に過ごせるようにするリフォームは、夏にするのがベストです。暑くなってからでないとリフォームの効果の良し悪しがわかりませんし、実感することもできません。

リフォームではありませんが、エアコンの点検や掃除、購入などを夏前に済ませておくのもおすすめです。エアコン関係の工事は、夏に入ると繁忙し、なかなか工事予定を入れることができないケースが多いわけです。夏前、みんながのんびりしている隙に済ませてしまうのが定石です。

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。秋

夏の終わり、秋のはじまりは雨が多くなる季節です。それが終われば春同様、リフォームに敵した季節の到来です。ただし、春と違うのは台風です。近年は特に台風の心配が必要になってくる傾向にあります。秋の台風は早く過ぎることが多いので、台風のタイミングにハマらなければ最高の天候でリフォームができます。

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。冬

寒さが厳しくなる季節、リフォームは閑散期に入ります。つまりリフォーム工事が少ない時期です。気温が低いので塗装が乾くのに時間がかかったり、雪で工事が中断ということもあります。日照時間も短いため一日の工事時間が短くなってしまい、工事が長引くというデメリットもあります。春まで待てるリフォームはこの頃から計画を立てておきましょう。

さて、閑散期の冬、そのタイミングを生かす手もあります。依頼が少ないということは、特別な価格で依頼できる可能性もあります。さらに、春になると手一杯になる経験値の高い優秀な職人さんに工事を頼むことができるというメリットもあります。

リフォームはプロに相談して、余裕を持って計画を立てましょう!

リフォームにも適した“季節”がある!?春夏秋冬ごとのリフォームのすすめ。まとめ

当社でも、『お盆前に終わらせたい』や『年が明ける前に終わらせたい』などのご要望をたくさんいただきます。

ご希望にお応えしたいのですが、そうお考えの方はたくさんいらっしゃいまして、人気のシーズンです。春が絶好のリフォーム時期と紹介しましたが、リフォームの箇所によっては、他の季節でもまったく影響なくスムーズに工事ができます。ぜひお早めに、余裕を持ってご相談ください。

小田原・平塚のキッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのお問い合わせ

小田原・平塚エリア
キッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのご相談は、タカデンライフサービスへおまかせください。

 - リフォーム