省エネルギーでエコな暮らしをはじめよう。オール電化のすすめ!〜他エネルギーの省エネ給湯器〜

   

オール電化のすすめ

オール電化の導入には、エネルギーを電気にしなくてはならないため、エコキュートを設置することになります。エコキュート以外にも省エネ性能な給湯器が存在します。電気をエネルギーとせず、家計や環境に配慮した省エネ給湯器です。代表的な省エネ給湯器は、エコジョーズ、エコフィール、エネファームなどがあります。一度は聞いたことがあるものだと思いますが、これらはエコキュート同様、従来型の給湯器よりも熱効率がよく、少ないエネルギーでお湯を沸かす給湯器です。家計のみならず、環境にも配慮された設計で、省エネ給湯器を選ぶ方が増加しています。

オール電化とは異なりますが、今回はエコジョーズ、エコフィール、エネファームの特徴をご紹介いたします。

省エネ給湯器

エコジョーズ

エコジョーズは、ガスをエネルギーにお湯を沸かします。従来型の給湯器よりも熱効率が大幅に上がり、ガスのエネルギーのほとんどを無駄にせず使用します。エネルギーとなるガスは都市ガスやプロパンガス(LPガス)で、使用するガスが少なくて済むので、ガス代を抑えることができます。

従来の給湯器は一度の加熱でお湯が沸かされ、余った熱は捨てられていました。エコジョーズでは、その排熱を回収して再利用し、2回に分けて加熱を行い、少ないガス量でもお湯を沸かすことができます。そして、環境への配慮は、CO2NO排出量も削減されているため負担が少ないのです。

都市ガスに比べ割高なプロパンガスをお使いでしたら、ガス量が少し変わるだけでもガス代に影響しますので、負担軽減の期待が大きいはずです。

エコジョーズの仕組み

一般社団法人日本ガス協会:https://www.gas.or.jp/gas-life/ecojozu/

ガスを燃焼させ、その熱で1次熱交換器内を通過する水を温水に変えます。このときの排気は約200℃~230℃と高温です。エコジョーズは、この排気を活用して二次熱交換器で水を予備加熱します。二次熱交換器であらかじめ温められた水が一次熱交換器へ送られるため、少ないエネルギーでお湯を作ることができます。

一般社団法人日本ガス協会 エコジョーズの概要 https://www.gas.or.jp/gas-life/ecojozu/

エコフィール

エコフィールは、灯油をエネルギーにお湯を沸かす石油給湯器(灯油ボイラー)です。エコジョーズ同様に潜熱回収型給湯器で高い省エネ性が特徴です。従来型の給湯器に比べて熱効率が高く、灯油代や電気代などの光熱費を軽減することができます。特に寒冷地では温水式の暖房器具を使用する家庭が多く、エコフィールに交換して灯油の消費を抑えることができます。

エコフィールの仕組み

一般社団法人日本ガス石油機器工業会:https://www.jgka.or.jp/torikae_kounyuu/introduction/ecofeel/index.html

「エコフィール」とは排ガス中の熱を回収して再利用して熱効率を高めた新しい石油給湯機です。熱効率を95%に高め、灯油の使用量を節約し、CO2の排出量を削減する環境にも優しい石油給湯機です。
お湯を沸かすときに発生する温水機器の排熱を上手に利用することで省エネを実現しています。約200℃の排熱を二次熱交換器より得られた熱でさらに水を温めることで、熱効率は従来の83%から95%にまで大幅に向上しました。
エコフィールなら灯油使用量が79リットル(年間)節約できます。また、年間197kgのCO2排出量を削減、杉の木ならば約14本分のCO2削減効果があります。

一般社団法人日本ガス石油機器工業会 https://www.jgka.or.jp/torikae_kounyuu/introduction/ecofeel/index.html

エネファーム

エネファームは、ガスで発電し、同時に排熱を利用してお湯を沸かします。エネルギー効率が高く、太陽光発電と併用すると自宅の電力のほとんどを賄うことができます。他と大きく違うのは電気とお湯を同時に作るという点です。発電所から家庭へ電気を送るロスや発電時に発生する熱の多くを捨てていますが、エネファームは電気を使う場所で電気を作る構造で、作るときに発生する熱もエネルギーとして活用する省エネ性の高さが特徴です。

エネファームの仕組み

一般社団法人日本ガス協会:https://www.gas.or.jp/gas-life/enefarm/shikumi/

エネファームは、都市ガスやLPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて、電気をつくり出します。このとき発生する熱でお湯を沸かし、給湯などに利用。エネルギーを有効活用するので、省エネにも大きく貢献します。

一般社団法人日本ガス協会 エネファームの仕組み https://www.gas.or.jp/gas-life/enefarm/shikumi/

それぞれのご家庭に合った省エネ給湯器を

給湯器がお湯を沸かすために必要となる炎は、ガスや電気、石油などのエネルギーを消費します。今回ご紹介したエコジョーズ、エコフィール、エネファームは、どれも高効率で家計にも環境にも優しい設計の省エネ給湯器です。しかし、それぞれの特徴を活かせる環境やライフスタイルでなければ意味がなくなってしまいます。どのタイプがご家庭に合っているのかを見極めて、省エネ給湯器を導入していただきたいと思います。

ご相談、承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

小田原・平塚のキッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのお問い合わせ

小田原・平塚エリア
キッチン・風呂・トイレなど住宅リフォームのご相談は、タカデンライフサービスへおまかせください。

 - リフォーム, 住宅設備